京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の立ち読み

ビートルズの主に中・後期のレコーディング・エンジニア「ジェフ・エメリック」
(Geoff Emerick)の著書「ザ・ビートルズ・サウンド/最後の真実」(白夜書房)を読む。
560ページほどもあるので2、3回立ち読みしてしまいました。

レコーディングという共同作業のなか、最も身近な存在だったジェフの革新的な
発想や技術も面白く、充分に興味をそそられる文章ではあるが、真の価値は
彼ら(ビートルズ)の人物描写にあるでしょう

特に最後のレコーディングとなった「ABBEY ROAD」セッションでの描写は
非常に面白かった。
今までのあらゆる著作物では単に・・・
「Get Backセッションが失敗に終わった後、もう一度George Martinのもとに
4人が力を合わせ(揃うのは最後と確信しながら)最高のアルバムを作り上げた」
としか記述されなかったのだ。

ここでは各楽曲ごとに詳しい描写と(ジェフ自身が忘れがたい体験だからでしょう)
やっぱりここでも4人の確執だけでなくヨーコの存在をめぐる問題やスタッフとの
やりとりなど、まさに「真実」だらけ。
「The End」でジョン、ポール、ジョージが2小節ずつリードギターを(ライヴで)録音
するくだりなどおおげさでなく最も胸打つ描写であった。

jebook

ビートルズファンはジェフの愛情と記憶力、客観性に感謝せねばならないでしょう
またビートルズファンのみならず音楽ファンの本棚に必携の書です。
買おうっと
スポンサーサイト
  1. 2009/12/17(木) 23:04:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とりあえず・・・ | ホーム | 今日の1曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sj200ishida.blog63.fc2.com/tb.php/338-9ec4d715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。