京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Beguiled

クリント・イーストウッドもいまや俳優だけでなく監督としてもアカデミー賞を
受賞するほど才能に恵まれた人です。
彼も1930年生まれなんで今年79歳ですよ!
もうすでに「渋い」を通り越してしまった感もありますが・・・。

実はこの7月に待望のDVDが発売された。
1971年に作製された「The Beguiled」(邦題「白い肌の異常な夜」)
直訳すれば「欺かれし者」か?

beguiled2

昔ビデオテープでは発売されたようですが、深夜の映画放送で見たかは
ハッキリしないけど、タイトルが記憶に残っててぜひ観たかった作品でした。
TUTAYAに行くと7月発売なのに新作のコーナーにでもなく、置かれてました。

1971年はクリント・イーストウッドにとって大きな飛躍の年でした。
3本に出演してますが、この作品でアクションでもなくウェスタンでもなく
性格俳優として(オマケに殺されるし)要求され、監督のドン・シーゲルに
ついても監督業を学び、
次作「Play Misty for Me」(邦題「恐怖のメロディ」)で初監督を果たす。
(と同時に自身のジャズ趣味を表し、後年の「Bird」に繋がります

それから大ヒットシリーズの1作目「Dirty Harry」(「ダーティーハリー」)に出演。
ドル箱スターへ。

南北戦争末期、負傷した兵士が女子院に助けられ、その女の園での「欲」「嫉妬」が
次々に描かれいます。
現代の「草食系男子」が観たらトラウマになってしまうでしょう。
ホントにコワ?イ

beguiled

画質はデジタルリマスターなのか物凄くキレイです。これをみるとテレビやリバイバル館での
放映は古いフィルムやコピーを重ねたものだったんだなぁと分かります。

監督はドン・シーゲルと言ってましたが、クレジットでは「Donald Siegel」となっていて
ドンは愛称だったんだ、と小さい発見をして喜んでおります。

また製作はマルパソ・ユニヴァーサルとなっており、「マルパソ・プロダクション」は
マカロニウェスタンの成功で得た報酬をもとに?1968年設立されたクリント・イーストウッドの
映画製作会社です。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/20(月) 11:12:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Bible Belt | ホーム | サンタラLIVE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sj200ishida.blog63.fc2.com/tb.php/299-3994d51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。