京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週の宮崎の風景

今週火曜日は営業の合間をみて、ぜひ日向灘は見ておきたかったのです。
聞く所によると、サーファーのメッカだそうでして
ということは波も高いっちゅうことですね。

日向と言いましても延岡側からず~っと続いてるわけで、良いポイント
も知らぬまに10号線の入りやすそうなとこからぶらっと寄ってみました。

「美々津」というトコです。

天気はイイんですが風が強い強い
のせいか白波ドンドンとたってます。

mimitsu1
遠くに白い灯台が。テトラに波がバシャッ
  絵になりますねぇ。

防風林から砂浜を臨む。
mimitsu3

何かタダの流木でさえアートしちゃってるでしょ
mimitsu2

由緒正しき海岸だったのね
mimitsu4
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 12:17:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなの出てましたヨ!

Gruhn Guitars の4/22のInventoryに1941年のMartin D-18が$50000で出てました。
どこかで見たようなD-18だったのですが、思い出しました
大阪で合気道の師範の後に米で映画スターになったスティーヴン・セガールが
所有していたMartinでしたネ

41D18shaded

シンコーミュージック刊「Acoustic Guitar Book 8」(1999年1月発行)
の5ページ目に掲載されてます。
戦前のMartinだし、Shaded Topだし、最高にキレイだし。
5万ドルもやむなしかな
  1. 2011/04/23(土) 23:30:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和音茶房

今日は阿蘇へ営業に。
途中で南阿蘇長野にある和音茶房「じゃば」さんへ。
NさんやUさんから聞いてましたが、初めて寄ってみました。
定休日は木曜日とのことでヨカッタ

明るい店内にはドラムスやアンプ、キーボードもあり即ライヴOK。

店主ともみさんとお客さんのTonnyさんです。

jaba

Tonnyさんの息子さんも合流し、4人で「Stand By Me」を
ジャムったりして
(ウチの息子と同い歳なんでオヤジ面して接したりして

ここの前の道は牛もウロウロ散歩してたりしてます

jaba2
  1. 2011/04/22(金) 22:59:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道神社

先日またまた福岡まで。お菓子のKさん3名と随行でした。
JR博多シティの屋上庭園には何があるのか?
「神社」でした
「鉄道神社」と名付けられてました。

参道もあります。

jr2

九州7県を「電車ごっこ」で表現したオブジェが。

jr1

他に電車「TSUBAME」も運行しています。

jr3

”ドッグラン”もあったけど、どうやって犬を
ここまで連れてくるんでしょうか?
  1. 2011/04/22(金) 22:05:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「不意打ち」の魅力

GWも目前に迫って来ましたが、気温も高くなってきて
庭の花も咲き始めるのと同時に気になり始めるのが草むしり
2週間もすると思いがけず伸びちゃってます。

日曜も午前中に2時間ほど家人と。
こうゆう時はMacのiTunesにDJさせBGMとする。
(何かし)ながら聞いてても不思議と冷静に耳に入る。

流行歌(死語?)を含めPOPSは「不意打ちの魅力」と言ったのは
浅井慎平さんだが・・・。
構えてない時に街角や思わぬ所やラジオからとかフト聞こえてくると
聴き慣れた曲も新鮮で感動したりする。

sj200hsj200c

今回もカーリー・サイモンの「It Was So Easy 」が流れてきた時、
不覚にも誰の何という曲か判らず2ビートのカントリー調でなごむ
(離れて聞いていると)彼女は歌ってる声も低いのでオトコかと
勘違い

nosecrets

対峙して聴いて細かいとこまで楽しむのもいいけど、構えずに
距離を置いて聴くのも意外に素性が露(あらわ)になるのかも
"木を見て森を見ず、森を見て木を見ず”

※写真は草むしりの後、最近長旅から帰って来たBlondyを庭で撮りました。

sj200j


  1. 2011/04/18(月) 22:53:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Get Together

何処かで聴こえて来て「イイ曲だなぁ、何て曲だろう?」って
思った事ないですか?

ずっと探してた曲が今朝判りました
出勤でクルマに乗り込み、NHK-FM「ウィークエンドサンシャイン」を聴いてると
1979年に行われた反核のコンサート「NO NUKES」から曲が紹介されてました。

nonukes

翌年レコードになったり、映画にもなったようで(私は未見ですが)
大変話題になったもんです。
この中の1曲でジェシ・コリン・ヤングの「Get Together」がかかり、
「お~!この曲だ~!!!」と興奮してしました
アレンジが似つかないもののメロで間違いないと確信。
頭の中のモヤモヤが吹き飛びました

初めて聴いた時は60年代中期の英のバンドかザ・バーズっぽいなぁとあたりを
つけたもののとうとう判りませんでした。
12弦ギターやビートルズの「In My Life」と同じドラムパターン、少しサイケの
雰囲気も漂うとても心引かれる曲です。
前記ジェシ・コリン・ヤングが在籍していたザ・ヤングブラッズ(The Youngbloods)
の「Get Together」1967年発売、全米5位までになった楽曲だったのでした。

gt

今回このような原発事故が起きて、これから又「NO NUKES」が取り上げられるでしょうが、
ジャクソン・ブラウンやブルース・スプリングスティーン、CSNが印象に残り他の出演者
の曲はロクに聴いてなかったのが悔やまれます。

ちなみにこの曲、元はキングストン・トリオの1964年の「Let's Get Together」の
改作のようです(当然コチラは爽やかで”妖しい”雰囲気は微塵もありません
またザ・バーズ加入前のデヴィッド・クロスビーも歌ってるのが判明しました。

ありがとう!ピーター・バラカン


  1. 2011/04/16(土) 19:36:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンコーミュージック・ムック

今週シンコーミュージックより「Gibson Vintage Acoustic」が出てた。

gva

はじめ、14~5年前に出てた「Gibson Guitar Book」のリイシュー(再発)かと
思ったけど(表紙のレイアウトがそっくりだったため)中味は新たに撮りおろし
した別物でした。

でもこのシリーズは内容に比べ値段が高いように思う。
112ページで2310円(税込み)。1500円くらいが妥当か?
発行のS&Hさんや監修のM.Y.氏のギャラが高いのかな?
広告が以前に比べ少なくなってるのも一因か
  1. 2011/04/15(金) 22:17:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の宮崎の風景

遅い春がやって来たと思ったら、昼間は暑いくらい
さすが「南国・宮崎」

まずは西都市にある和菓子店「M野屋」さんの前庭の竹の根元に・・・
「竹の子」が出てたっ!

take

宮崎に来るとなぜか海を眺めたくなるんです
今回は「サンビーチ・一ッ葉(ひとつば)」へ。
ピーカンで泳いでもイイほどでしたね

”北ビーチ”。遠くにオーシャン45が見えますでしょうか。

hitotuba1

”南ビーチ”「誰もいない海~」

hitotuba2

貝殻撮ってみました

kai1

「どくろべぇ」かと思ったヨ

kai2

曲線を描くカラー歩道と石垣のコントラストがGood

hitotuba3
  1. 2011/04/15(金) 21:58:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の立ち読み

プレイバック 制作ディレクター回想記 音楽「山口百恵」全軌跡
川瀬泰雄・著 (学研教育出版) ¥2,415(税込)

pbbook

ホリプロの山口百恵の担当ディレクターだった著者の近著。
流行歌とはいえ、色々な人々の色々な想いと情熱がなし得た
プロダクションの日記。

特に「横須賀ストーリー」を巡る物語りは面白かった。
阿木・宇崎夫妻が初めて山口百恵に書いた3曲の内の1曲。
宇崎竜童のギター1本によるデモテープを聴いた時、あまりの
出来にシングルに「取って置き」したとか。

それまでの作詞者と違い、女性かつ生い立ちの「横須賀」が
共通項にあり、山口百恵も初めて自身の歌と思えた、とか。

余談だが宇崎竜童が語るに、この曲はサビの「これっきり~」を
アタマに持って来ることによってキマったとのこと。
コレってビートルズの「Can't By Me Love」と同じやね
それとAメロはず~っと(セブンスコードが)ワンコードで続く。
これってビートルズの「Rain」と同じやね

著者の別の著に「真実のビートルズ・サウンド」(学研新書)も
面白く読めました
リアルタイムでレコードを聞き込んできた人ならではの内容でした

beatkawase

2冊とも著者の音楽が好きで好きでたまらない様子が文体に表れています。

kawase01

  1. 2011/04/11(月) 21:40:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花四題

今日は天気も良く色々と写真撮ってみました。

アクアドームの桜
クリックすると大きくなります)
100411c

自宅庭のパンジー
100411a

同じくタンポポ(マクロで撮ってみました
100411b

南阿蘇「ボンジュール・プロヴァンス」エントランスに咲く花
(名前は分かりません
BP
  1. 2011/04/10(日) 19:26:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

60型

須屋にあるT盛堂さんに行くと、
「60型テレビ見る?」とのこと。
リビングに上がるとサスガにデカい!
42型や50型は対面したことあるけど
実際に見るとちょと想像以上のデカさでしたネ。

taiseido

SONYのBRAVIAですが、大きさ比較のために新人クンに
立ってもらいました。
写真でもわかりづらいですが間近だと圧倒されそうス。
  1. 2011/04/07(木) 17:55:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先週の立ち読み

ジョンの息子ジュリアンが集めた父の想い出の品の写真集が出てた。
「ジョン・レノンとビートルズ」とそっけないタイトル
サブタイトルにはまんま「ジュリアン・レノンが集めたジョン・レノンの
メモリアルアイテム」だ。

jl

中味はビートルズ初期(クオリーメン)に使用した楽器や、
(これが一番多いのだが)ゴールドディスク、手紙や葉書など。

あと未見の写真も結構ありましたが、買うほどではナイので
立ち読みで済ませました

jl2

一番ヨカッタ写真はジョンと少年ジュリアン、まだ幼いショーンの
3人でギター抱えた写真かな。
  1. 2011/04/07(木) 17:44:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。