FC2ブログ

京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

ナンシー本

今週”古本屋”(もう死語か?)でナンシー関の「小耳にはさもう FINAL CUT」
を買ったのをきっかけに彼女の本を無性に読みたくなり、
本日昼休みに都城図書館に寄って、ナンシー関の著作を探してみました。

ありました!6冊。意外にあるなぁ。
読みたかった「ナンシー関 大全」もあったのでガッツリ読みました。

nancyseki

いちばん右が「大全」です。
ナンシー関が亡くなった翌2003年に出版。
本中央部のカラーグラビアには小さい頃からの家族写真や
学生の頃の友人達との写真や、作業場やリビングなどの生活写真も。
お母さんからの「娘 関直美」も決してウエットにならない文章に
胸熱くなりました。
40歳になる直前に急逝してしまった才能は数多くの「消しゴム版画」「コラム」を
残してくれました。
いや?でも、この人や「リリー・フランキー」「みうらじゅん」「清水ミチコ」
「松尾貴史(キッチュ)」「いとうせいこう」なんてサブカルチャーの人々が
こんなに陽の目見るなんて思わんかったなぁ。(本人たちもだろうな)

※上部の写真は図書館で周りの目を気にしてドキドキしながら素早く撮りました。

ナンシー関の会心作だという”リリーさん”
lily
スポンサーサイト



  1. 2011/02/25(金) 23:08:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎の風景

今週の宮崎の風景二題。

宮崎駅のすぐウラ(東側)に突然ロケットが出現!

rocket

全長40mにもなるH-1ロケットの勇姿です。
真近で見るとデカイ!

rocket2

クルマで走ってて、交差点を曲がると突然現れるのでギョッ!とします。
「科学技術館」の敷地内にあるのですが隣の銀色のドーム=プラネタリウムと
ともに目立ってて浮世離れした異空間です。


霧島の高千穂牧場から「霧島五岳」を望む。

takachihofirm

真ん中の左側が「例の」新燃岳です。
仕事の打ち合わせで行くんですが、風向きのせいでココには
灰は全然降りません。
ところが、全国ニュースのせいで霧島温泉リゾートはキャンセル続き。
この前の3連休の中日の土曜日なんかお客さんが4?5人しかいませんでした。
ここの企画のSさん曰く「風評被害です
暖かいのでソフトクリーム(280円也)食べました。

takachihofirm2



  1. 2011/02/25(金) 22:18:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blondy生還

先週土曜日(2月19日)、1年4ヶ月の長?い旅から無事生還いたしました
バックブレーシングはがれ、サドル・ナットの作り直し、ブリッジ削り、
フレット交換、お腹の膨らみ修整などなど。

確かに反応が早くなり、6弦の鳴りも違いますネ
でも相変わらず1、2弦はマーチンと比べると「針金の音」(Steve)
こればかりは生来のというか、持ち味というか

sj200

I本さんお世話になりました。
思えば2000年3月に我が家にカナダのトロントからやって来て以来
何もしてあげてなかったもんね。
○万○千円かかりましたが、考えてみたらクルマとかと違い、
税金や保険や燃料代も要らんし。
どうか将来、楽器や自転車に税金がかかりませんように
今年で満61歳ですがマダマダ肉感的です。
  1. 2011/02/25(金) 21:47:01|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都城で出会いました

2月11日は昼から宮崎から都城へ入る。
灰はあまり降っていませんでしたが、街角には灰をが詰め込まれた袋が
積み上げてあり回収を待っていますが、中々間に合わないらしい。

昼休みに図書館へ赴くが”お休み”とのことで
クルマを隣の市役所に置いてきたので引き返すと、
西側エントランスの休憩ベンチ横に何やら置いてある。

miyakonojou1

何々・・・リチャード・ブランソン氏とバー・リンドストランド氏が・・・
え?っ!リチャード・ブランソンってあのVirginのだよね
ヴァージンレコード、ヴァージンメガストア、ヴァージンアトランティック航空
の創業者。型破りな若き実業家。冒険家としても聞いてる。
へ?、1991年1月16日ここ都城市から熱気球で太平洋横断を目指し飛び立ったんだ。
で1月18日にカナダ・イエローナイフの湖に着いて史上初の快挙を達成。

これを記念して、膨らます時に使ったガスタンク(上の写真の青いヤツ)
と共に展示してあるっていうわけ。
この時、気球には同型のタンク6本を載せ飛び立ち、使用済みのタンクはその場に残されたんだな。

miyakonojou2

おりからの降灰でパネルが汚れてましたが、ちょうど20年前じゃありませんか
金持ちの冒険野郎と言えばそれまでですが、都城市役所で彼に出会えるとはねぇ
でも何で彼らは都城を出発地点に選んだんだろう?
  1. 2011/02/12(土) 22:00:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レシーバーLOVE♡

中学に入るとステレオが欲しくて欲しくてタマランだったです。
親戚のウチに行って、レコードを聴くのが楽しみだったなぁ

中学も3年くらいになってコンポーネントをアレやコレやと妄想する毎日。
結局手に入れるのは高校に入学と同時になったけどね。

親戚のウチにあったのは、この頃の定番ステレオの家具調ってヤツ。
天板を開けるとレコードプレイヤーがあったり、下部の扉の中には
テレコ(テープレコーダー、それもカセットじゃなくオープンリールね)
やレコードが収納されてたり・・・。

大抵のウチがこんなのや、モジュラーステレオって呼ばれた=
プレイヤーとFMチューナーを内蔵したアンプと2個のスピーカーの
組み合わせだったです、ハイ。

このFMチューナーが入ったアンプが一般に「レシーバー」と呼ばれ、
1970年代中頃までは結構見かけたような。
欧米では(特に米国)日本と違い近年までポピュラーな存在だったようです。
だから日本のメーカーも主に輸出用として作り続けてたみたいス。

日本ではオーディオファンやマニアには敬遠された「レシーバー」ですが、
1974年当時としては超ド級のレシーバーが出た
ヤマハのCR-1000がソレで、同じヤマハの高級アンプCA-1000に
FMチューナーCT700が合体したと言われたものでした。
白木+シルバーフェイスがアイデンティティでしたね。
でも当時18万円の価格からして一体何台売れたんでしょ?

70年代のヤマハのデザインは最高で多分にGKデザインが絡んでいるからでしょう。
LUX(ラックス)と共に今見ても全?然古くありまへん。
ツマミやレバーが一杯付いてますけどこんなにも洗練されてるのにはビックリ。
見れば見るほど「惚れてまうやろ?????
いっぺんこんなんでレコード聴いてみた?い

cr1000

米国でもbest looking vintage receiverと呼ばれている。
米国での広告(右下がCR-1000)
ケースは白木というよりローズかマホガニーみたいに茶色っぽく見えます。

cr1000ad
  1. 2011/02/08(火) 23:04:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の香り?

先週の土曜日のNHK-FM、ゴンチチの「世界の快適音楽セレクション」で紹介されてたのが、
Asa(アシャ)のセカンドアルバム「Beautiful Imperfection」。

bi

この中から『Be My Man』が流れた。iTunesワールドチャートで1位獲得してる。
エレピの音もツボなんですが、彼女の声も不思議な魅力アリ
チョイ舌足らずかな?(リンダとか亜土チャン系?)
またメロも昭和歌謡GSの雰囲気が漂う。
彼女自身ナイジェリア出身ということでブラックアフリカンの旋律にも聴こえるね。

『Be My Man』のPV


  1. 2011/02/03(木) 23:54:16|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する