京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グウィネス in CMA2010

西野さん(西野楽器店)のブログでも取り上げられてたけど、映画「Country Strong」。
この映画で吹き替えナシの本人歌唱を披露したグウィネス・パルトロー。
11月のカントリーの祭典「CMA(Country Music Award)2010」でヴィンス・ギルの
バックアップで主題歌「Country Strong」を唄ってる。

gp1

映画の中でもGibsonのCF-100Eを使って、ココでも50年代半ばのSJ-200ブロンド
を弾いているんでGibsonの協力があったんでしょうか?

gp2

29日昼から6時間半オンエアーされた、NHK-FM「今日は一日カントリー三昧」の中でも
前述のCMA2010の様子が流され、パーソナリティのグッチ裕三がヴィンス・ギルをして
「タダもんじゃない!」と評して、いかにバックアップ(コーラス)が難しいかを力説
しておりました
(番組前半では熊本のCountry Goldも取り上げられチャーリーさんもゲストに!

CMA2010では個人的にはSingle of the yearに選ばれ、ポップチャートでも活躍した
レディ・アンテベラム(LADY ANTEBELLUM)の「Need You Now」がイチバンかな。
二番目にはマルティナ・マクブライドの「Wrong Baby Wrong」かな。
(テイラー・スイフトのピアノ弾き語りも良かったけど・・・

la

スポンサーサイト
  1. 2010/12/30(木) 21:15:39|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レザーベルト?

今回の宮崎出張でのお買い物。都城のM倉庫にて物色。
衣類、靴、バッグ、本、ゲーム、家電に楽器などなど有るは有るは・・・。
で、楽器コーナーでは欲しいと思ったのはナシ。
ものはついでに衣類・アクセサリーのコーナーを見てると・・・

ベルト類がつり下げてあるトコで、ん?っ?何か見たようなのが。
よく見るとVOX社のPYTHON(パイソン)ストラップじゃないの
買い取りや仕入担当者が「メタルなベルト」と勘違いして置いたんだな
しっかりと値札には、「レザーベルト」と書いてありました。
即GET! 3000円也

vps

多分楽器コーナーでギターストラップとして売ってあれば7000円位は付いたでしょう。
新品価格では1万8900円ですからね?。
ビートルズファンなら一度はRickenbackerに付けてみたいアイテムだもんね。

裏には「Genuine Leather Made in Canada V822」と白エンボスがある。
カナダ製なんだなぁ。最後のV822は発売時の商品番号で当時は、
黒(V822)と茶(V823)があったようです

vps2

vps3
  1. 2010/12/30(木) 19:29:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログ探検隊?宮崎編

宮崎の出張で空き時間に「ハードオフ」に寄り、レコードコーナーへ。
ここは珠玉のジャズアルバムが数百枚ありますが、それぞれ1500円程と
イイ値段が付いているので手が出ません

代わりに500円のブツを2枚捕獲!

クインシー・ジョーンズ「Staff like that」(日本盤キングGP2085)

スタッフ「Staff It !」(米盤 WARNER BROS BSK3262)

stuff2
stuff1

「Staff It !」の表ジャケはズーッと男の子とばかり思ってたら
オンナの娘で裏ジャケでちょっぴりパンツ見せて微笑んでいます
  1. 2010/12/21(火) 20:12:33|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おくやみ

12月9日にオーディオ評論家であり、真空管アンプ製作する
「上杉研究所」の主宰者であった上杉佳郎氏が亡くなられた。

主に「Stereo Sound」誌で執筆され、私も高校2?3年の頃に
このオーディオ誌を知り、その文章に触れて来ました。
当時上杉研究所のアンプ(U-BROSシリーズ)は高価で雲の上の
存在でしたね。
(この頃が日本のオーディオ黄金期ではなかったでしょうか)

実は大学4年の時に卒業の見込みが無くなり、大学辞めて本気で
西宮にある「上杉研究所」の門を叩こうかと思いました。
(でも理工系でないヤツはとても無理とあきらめました

当時の「Stereo Sound」誌の執筆陣の中では若手の方だったんですが、
もう68歳になられてたんですね。
上杉さんの褒め言葉の一つに、「秋晴れのごとく爽やか・・・」が
印象に残っています。
当時のSS誌のレギュラー執筆陣も、菅野沖彦氏を残し皆鬼籍に入られました。

ss
  1. 2010/12/20(月) 21:39:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一曲

tu

前回の宮崎出張のクルマの中で、FMから「1968年のビルボードヒットチャート」が
流れてきた。
1968年5月に2週連続のno.1だったのがこの曲、Archie Bell & The Drells の
「Tighten Up」(Atlantic SC8181)だ。

タイトなドラムにファンキーなベースが聞いている者のカラダを揺する。

唄らしい唄もなく、かけ声というかしゃべくりというかラップの先祖みたいなもんか。

似た曲に同じAtlanticレーベルでKing Cartis & Kingpinsの「Memphis Soul Stew」
があります。こちらはインストだけど。
Aretha Franklinのバックでやった時にバンドだけの演奏がYoutubeにあがってます。
ジェリージェモット、バーナードパーディー、コーネルデュプリーなど
最強の布陣。何度見てもサイコー!!!



ところでTighten Up聴いて「どっかで聴いたなぁ・・・」と言う人。思い出して欲しい。
YMOがカバーしシングルカットしたんで聞き覚えがあると思います。
アレも伊武雅刀に小林克也のハチャメチャなしゃべくり
スネークマンショーとダブりますねぇ

「酒飲め?っ!サカモト?ッ!」
  1. 2010/12/14(火) 22:02:56|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎港の風景

先週いつもの宮崎港でオモシロイ船が2艇・・・

テトラポッドを運ぶ平た?い&クレーン付きのデッカイ船。

tp1

大型トラックの荷台にそのあまりの重さのためかポツンと一個だけ。

船の横に着けるとクレーンが引き上げキレイに甲板へ整列させてます。

tp2

ピストン輸送で次々と大型トラックがやって来ては走り去って行きます。


もう1艇はクルーザー。写真でしか見た事も無いようなセレブなヤツです。

横に行き見ると・・・「AZIMUT」??? 何と読むんでしょう?

azimut2

船尾には「 Mermaid TOKYO」の銘が入っていました。
東京からはるばるきたのでしょう。

azimut1

調べたらイタリアで造られているAZIMUT=アジムという船みたいです。

下手すると0が8個つく値段らしいです
  1. 2010/12/14(火) 12:40:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めまい

またまたテレビネタで・・・。
8日夜NHK-BSの映画でヒッチコックの「めまい」を放送してました。
この「めまい」は大阪にいたころ映画館で観ました。(26年前!)

vertigo

色鮮やかな画面に驚きました。映画館でこんなにキレイだったかなぁ。
肌の色、サンフランシスコの青い空、ロールスロイスのグリーンメタボディ。
エンドクレジットでdtsが出ていたので、リマスターされたヤツだったみたいです。
”テクニカラー”のフィルムもイイ状態だったんでしょう

観てるうちに色々思い出した。
主演のジェームズ・スチュワートは大好きだった。
「グレン・ミラー物語」良かったなぁ。
彼はヒッチコック映画の最多主演男優だ。
当時キム・ノヴァクはあまりイイとは思えなかった。
がイマ観ると悪くないけど(米の太地喜和子か)

vertigo2

この映画でめまい=vertigoを覚えた。

関係ないけど自転車用シューズに「vertigo」というのがあるヨ。

vertigonw
  1. 2010/12/11(土) 01:02:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラウス・ブーアマン

出張に行き、ホテルに入ると何もしたくない。
楽しみは読書かテレビだ。
最近はどこのホテルも「地デジ」テレビになっていてキレイ。

12月8日と9日の2晩、午後11時からNHK-BS「世界のドキュメンタリー」で
ビートルズと縁の深いクラウス・ブーアマンの半生を追った番組がありました。

2009年に出たアルバム「A Sideman's Journey」がらみでもあったんですが。
インタビューやスタジオ共演の面々の豪華なこと!
ポール、リンゴは当たり前ですが、カーリー・サイモン、ジム・ケルトナー、
ヴァン・ダイク・パークス、ランディ・ニューマン、ドクター・ジョン、
リチャード・ペリー(プロデューサー)etc.

klaus

カーリー・サイモンを訪ね、アンプラグトで「うつろな愛」を演る場面。
あの有名な”ベース・イントロ”を再現してみせます。
あれはクラウス・ブーアマン(のアイデア&パフォーマンス)だったんだ、
と知りました。

またリンゴたちと「ユア・シクスティーン」を演る場面。
リンゴとジム・ケルトナーのツインドラム+クラウスのベースで
まさにバングラデシュのコンサートの再現じゃ?

この他、ビートルズがデビューする前の”ハンブルグデイズ”の想い出など。
特にジョージとは終生変わらぬ仲の良さだったみたい。
「リボルバー」のジャケを始めイラストやデザインに才能を発揮し、
またマンフレッド・マンに加入や数々のセッションに参加し渋いベースを
聞かせる。

klaus2

その穏やかな物腰と澄んだ瞳が印象的なクラウスでした。
  1. 2010/12/11(土) 00:35:13|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お父さんが来てました

娘に言われて開けてません。

sb
  1. 2010/12/05(日) 21:00:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になるクルマ

営業で廻ってるとタマに気なるクルマが目に入ります。
土曜日は信号待ちで初めて現車を見ました。
フランスはシトロエンのC6です。

日本人では絶対思い浮かばないフォルムですよね。

c6a

c6b

一番特徴的な後ろ姿のアイデアスケッチ

c6c

あとは初代マツダ・RX-7の小さなオシリも無性に気になります。
ここんとこ2台ほど続けて見かけました。

rx7


  1. 2010/12/05(日) 20:57:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。