京南大学OB会

大好きな「音楽」「映画」「ギター」「自転車」に関する極私的なブログです。 時にものすご?くマニアックっす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かみひこうきライヴご来場ありがとでした

昨夜は戸島の「かみひこうき」でライヴしました。
っても練習してなかったので3曲だけでしたが。
他にピアノ弾き語りの浪床さんBeth姉さんも・・・。

浪床さんのピアノも歌もいいですねぇ。リクエストにも応えてくれるし
またオリジナルがプロ並みの出来映えで・・・うらやましい。

beth姉さんとはビートルズの「Two of Us」をやりました。
まとまってたかどうかはわかりませんが
しかしお陰さんで「音楽モード」が少し戻ってきましたヨ。

芦北・湯まちたいkuzさんがわざわざ来てくれました。終わって夜遅くまでジャムり、
かみにお泊まりでした。
佐伯クン、委員長、メロン上村さん、高橋さん、チカちゃん、ひょうろく玉のダーリンにしざわさん
ご来場ありがとうございました。

<au W51Tにて撮影、写真汚くてスミマセン
namitoko


beth

スポンサーサイト
  1. 2007/04/29(日) 21:18:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

買い直した文庫本

もう8年くらい前か、なぎら健壱の「日本フォーク私的大全」(ちくま文庫)
を買ってすぐに当時付き合いのあったOさんに貸したままになってた。

街中に出たついでにTUTAYAを覗いたらあったんで(中々本屋に無いんです)
思わず買いました。
当時まだフォークをあまり知らない頃でモノ凄く面白かった。
「かみひこうき」で鍛えられたイマ改めて見ても
大変面白?い。

    日本フォーク私的大全

  1. 2007/04/26(木) 22:16:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界一高いDVD?

世界一高いというか・・・1分間当たりの価格が知る限り最も高い
映画のDVDがこれでしょう。
「Rendezvous」(ランデヴー) あの映画「男と女」を撮った
クロード・ルルーシュ監督が個人的に作ったらしいドキュメンタリーだ。

Ferrari275GTBにカメラを据え、ひたすらパリをぶっ飛ばす。
赤信号もおかまいなし(ドライバーはプロのモーリス・トライティニアン)
ナレーション、BGMも無し。映像と12気筒の咆哮のみだ。

トータルタイムは、なななんと! 9分間
価格はバイク・自動車の本専門店の「リンドバーグ」で9240円。
1分当たり1026円
さわりはコチラで(Quick Timeでね)

        ランデヴー

  1. 2007/04/26(木) 21:50:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オールドパー

先日金曜夜に流通団地の会合で「グリーンピア南阿蘇」でのこと。
寿命の話しが出て、日本一は徳之島の泉重千代さんが120歳だった。
では世界では・・・英国のトーマス・パーさんが152歳だった!とのこと。

英国ではこれに敬意を表し(?)スコッチウィスキーのラベルになった。
これが「OLD PARR」(パー爺さん)だ。
このことはラベルにも書かれてるそうな

人間には元々120歳くらいは寿命があるそう。ん?むずかしいだろなぁ

小さい頃「ジョニ赤・黒」「カティサーク」「ホワイトホース」
国産では「ダルマ」「スーパーニッカ」が高級とされてた。
これらの上を行く「オールドパー」はあの田中角栄が通産大臣時代に
英国へ行った際、スコッチウィスキーの輸入促進を約束し帰国後は
毎日1本飲んだおかげで売れた。

とは『肉のオ○○カ』のH専務の受け売りでした。

oldparr

<確かにパー爺さんの生没年が印刷されてます>
  1. 2007/04/24(火) 00:37:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活?

「スーパー覆面バンド」=トラベリングウィルベリーズのCDが復活!
全2作を残した後CDも長らく廃盤状態でしたが、めでたく発売に。
(但し6月に入ってからの発売です)

2CD+1DVDの内容です。う?ん、そそられる

詳しい内容は・・・コチラで確認

で商品は・・・コッチで確認


T.W.1

後ろ向きは大林監督じゃなくてジェフリンだよ
  1. 2007/04/22(日) 17:35:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとうございます。

お悔やみの後に「おめでとう」も何なんですが・・・
加山さん(もちろん雄三さんだよ)古希=70歳になっちゃったんだよね?。

早いなぁ?。
ついこの前”還暦記念トリビュートアルバム”「60Candles」出たと思ったらもう10年経ってました
4月9日?11日にかけフジTV「ごきげんよう」に出演されていたようですね。

このブログ名も東宝「若大将シリーズ」にちなんだものなんで取り上げないわけにいきませんね。
ちなみに加山さんの以降のツアー名は「KOKI」(古希)だそうでして

           加山1


           加山3

       <マルベル堂のプロマイドより>

toho1

        <若大将vs日本一男>
  1. 2007/04/14(土) 17:14:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今月のおくやみ

あ?3月は忘れてました。
ウチの祖母も逝っちゃいましたが(96歳)
世間では植木等さんでしょう。

で一昨日、我らが東宝映画特に特撮ものの学者役で有名だった
村上冬樹さんが亡くなられました。
後年は周防監督の「ファンシイダンス」「シコふんじゃった」でまさに
枯れた演技で大好きだったんですが・・・合掌
(外国からのファンレターで”本物の学者と思ってました”と来たそうな
       

              mf


あ?それにしても森繁はもう何十人もの方々に先越されてますね
(って俺はナンシー関かっ!)
  1. 2007/04/11(水) 21:51:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイブーム?イタリアその1

ここ数年のマイブームはイタリアだ。
料理、アパレルには疎いがその他の・・・
「ロードバイク」はもちろんのこと
音楽でも「オペラ」(ミラノ)、「ヴァイオリン」(クレモナ)、
ドレミ?の音階も伊語じゃないかな。

そうそう忘れちゃいけないのが映画女優。
断言します。「伊映画は女優でもつ」
決定的だったのが2年ほど前NHK-BSで放送された
「芽生え」(1957年)
ジャクリーヌ・ササールが中3くらいの役でのデビュー作。
でも衝撃だったのは彼女の若い母親役(継母だったんでしょうか)の
シルヴァ・コシナ
ジャクリーヌ・ササールが帰宅するとシルヴァ・コシナがソファで
後ろ向きに寝てる。
声をかけるとゆっくりと振り返り・・・そのアップの表情が・・・
匂いたつほど美しい
あぁぁぁぁこれ一発で参りました。

   <1960年頃のシルヴァ・コシナ>
    SK3


この後、伊映画お得意の艶笑映画でも素晴らしい脱ぎっぷり。
イヤらしさより健康的といえるほど・・・

で昨日夜9時からNHK-BSで彼女の実質デビュー作の「鉄道員」(1956年)を
見た。

     鉄道員1



     鉄道員2


ピエトロ・ジェルミの娘、ジュリア役でした。
ん?やっぱし綺麗だなぁ。
(余談ですが監督・主演のピエトロ・ジェルミ、役の上で50歳。
でも当時実年齢42歳だって!)

ここにも彼女に魅せられた方の入魂のHP
Sylva Koscina unofficial home page

<1969年ころかなぁ?、お色気ムンムン(古っ!)>
SK2


  1. 2007/04/06(金) 00:03:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見だ

月曜は夜にサンリブくまなん前の公園で
会社の花見でした。
風が強くて、う?寒?

<車座になって・・・>
花見1


<社の花もね>
花見2

  1. 2007/04/04(水) 13:03:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Steve

Author:Steve
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。